• Top
  • ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ZEH〔ゼッチ〕とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。
住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

政府の「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」とする政策目標が設定されました。

金田建設では、以下のZEH普及策、普及目標を掲げ、ZEH支援事業に積極的に取り組んでいきます。

ZEHの周知・普及に向けた具体策

自社HP、パンフレット等を通して広く周知し、お客様に初期の段階でZEHに関する情報をお伝えして、ZEH仕様建築物の性能の違いをよく理解していただけるような提案を目指します。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

打合せ段階より、ロスの無い設計(プラン)を目標とし、サッシや断熱材等の建材の見直し、各種建材メーカーや協力業者との連携によるコストダウンを図ります。

その他の取り組みなど

ZEH関する講習会等に積極的に参加し、社員及び協力業者ともにスキルアップに努めます。

今後のZEH普及目標・実績

金田建設株式会社は、一般社団法人環境共創イニシアチブに登録された「ZEHビルダー」です。
「ZEHビルダー」に公開が義務付けられているZEH普及目標と実績を下記の通り報告します。

□ 2020年度 ZEH普及実績 0%
□ 2021年度 ZEH普及実績 0%
□ 2025年度 ZEH普及目標 65%